シンエイク

シンエイクとは?

 

 

 

シンエイクは蛇毒由来の美容成分です。蛇毒と呼ばれているものは、アオダイショウなどの蛇のきばに含まれる有害物質ではないです。蛇毒と呼ばれるクリームには本当の蛇の毒を含んでいる、と言った様に誤った知識を持っている女性も少なくないのですが、本当は蛇の毒の形を参考にして開発された人工のペプチドで、「シンエイク」というエイジングケア成分と呼ばれています。実際は毒ではないのです。「シンエイク」という美容成分はスイス・「ペンタファーム」によってリリースされた人工成分で、成分表示名はジ酢酸ジペプチドブチロイルベンジルアミドといいます。新しいものなので欧米などで流行っているような成分でしたが、美容の最先端を行く韓国の美容界で人気商品だったので世界的にじわじわ人気になっています。で、害がある蛇毒とは別のもので、用いることがNGなわけでも有毒なわけでも無いので問題ありません。

 

シンエイク化粧品は何がすごいの?

 

シンエイクとは30代〜シニア層に人気だ、と評価されており1〜2分で肌や筋肉の収縮を防ぎしわを目立たなくする効果を持つ成分です。老けてくると顔のお肌が縮んでしわを作るので、その肌をピンと伸ばすことでしわを減らすというわけです。この美容成分シンエイクの特徴は、小じわが気になるところに塗ってみるとほんの数分で成果がしっかりと見える点でしょう。しかし、数時間だけお肌や筋肉を伸ばしているだけなので、きれいさっぱりとしわが目立たなくなるわけではありません。評判が良いシンエイククリームであれば、半日くらいの効力が持続しますが、ただ安いだけのシンエイク化粧品を使うと2〜3時間でしわが目立ってくるなどお勧めできません。シンエイク製品よりも持続する方法の一つにボトックス注射なるプチ整形もあります。ボトックス注射の中の物質はボツリヌス菌が作る「ボツリヌストキシン」で肌の収縮を抑える作用があります。この美容成分をじかにしわの奥の部分にボトックス注射することで持続的な効果をもたらすことができるでしょう。概して、美容外科医が施術している病院がほどんどのようです。美容外科は敷居が高いとボトックス注射に抵抗がある方には、シンエイク商品はとても支持されているのが実際です。